喉や鼻の腫れる症状を抗アレルギー薬で予防

ほこりや花粉などを身体が毒素として判断し、ヒスタミンが活性化されることで気管支が腫れる症状や喘息、くしゃみや鼻水などのアレルギー症状を起こします。抗アレルギー薬はヒスタミンの発生と放出を抑えることで、出てしまったアレルギー反応を軽くする効果があります。また症状が出てからだけでなく、ヒスタミンの発生を抑え、予防の効果を期待することが出来ます。予防という観点から服用するならば、直前に服用するよりもアレルギー反応が出ると思われる2週間くらい前から服用する方が良いとされます。特にスギ花粉の予防をするならば、地域により異なりますが、1月下旬から2月下旬ごろに抗アレルギー薬を服用すると、つらい鼻水や鼻や喉が腫れる症状が軽くなったり解放されることが期待できます。
抗アレルギー薬の副作用として眠気やだるさが挙げられます。そのため服用後には車や機械類の運転を避ける必要があります。しかし最近ではこの様な副作用が起こらないような抗アレルギー薬も登場しました。また抗アレルギー薬の種類もドラッグストアだけでも豊富に取り扱っています。そのため自分に合うタイプの物を選ぶ必要があり、家族で薬を共有しても症状が改善する人としない人がいるので気を付けて下さい。もしドラッグストアでどの様な薬を選べば良いのか分からない人や妊娠中や授乳中で市販薬が服用できない人は、耳鼻科などの医療機関に行き、医師から抗アレルギー薬を処方してもらうと良いでしょう。
アレルギー反応は人によって症状が本当に様々です。症状が軽い人から重い人、喉や鼻の奥が腫れる様な症状が出るので他からは分かりにくい人などもいます。この様な症状から解放されるべく、上手に抗アレルギー薬と付き合うことが出来れば、快適な生活を送ることも出来るでしょう。