抗アレルギー薬の選び方

アレルギー性鼻炎などの場面で使用される抗アレルギー薬は、第一世代、第二世代抗ヒスタミン薬を始め、ケミカルメディエーター遊離抑制薬、抗ロイコトリエン薬、抗プロスタグランジンD2、トロンボキサンA2薬に分かれます。
現在においては、第一世代抗ヒスタミン薬は眠気などといった副作用の面から、あまり積極的に使用されてはいません。
その為、第一世代抗ヒスタミン薬に代わり、第二世代抗ヒスタミン薬が注目をされています。
第二世代抗ヒスタミン薬は、従来の第一世代抗ヒスタミン薬と比較しても副作用が少なく、使用しやすいといった所が利点とされており、その為、眠気などを始め、口の渇きや排尿頻度などにおいても軽減されていると言えます。
そして抗ヒスタミン薬本来の、鼻炎に対する効果も実証されており、アレルギー性鼻炎の治療においては積極的に使用されている薬の一つです。この抗ヒスタミン薬は効果が現れるまでには時間がかかる特徴がある一方で、持続力がある薬としても挙げられており、一日一回の服用で済むといった利点があります。
次にケミカルメディエーター遊離抑制薬は、抗ヒスタミン薬と同様に、継続使用をする事により効果が実感出来ると言えますが、その効果の現れ方が比較的ゆっくりとしている為、時間がかかるといった点があります。副作用は少なく、眠気などの心配がいらないといった利点があります。
次に抗ロイコトリエン薬は、主に鼻詰まりに効果を発揮する薬であり、鼻過敏症などの症状が出ている場合にはその使用が適していると言えます。また比較的効果が現れやすいのも特徴です。
最後に抗プロスタグランジンD2、トロンボキサンA2薬は、抗ロイコトリエン薬と同様の効果が期待出来るといった特徴があります。
どの抗アレルギー薬を使用するかは、使用目的によって異なりますが、それぞれの目的に応じた抗アレルギー薬を選択し、副作用も考慮しながら選択する必要があります。

抗アレルギー薬で最も使われている薬剤とは

抗アレルギー薬と言えば、鼻炎、アトピー性皮膚炎、蜂に刺されたときなどいろいろな面で使われております。最近では薬剤師のいるドラッグストアでも抗アレルギー薬が発売されました。それだけ需要の高まりを反映しているかたちになっています。抗アレルギー剤は第1医薬品に該当しますので、必ず薬剤師から説明を受けてから貰うようになっています。
抗アレルギー薬で最も使われている薬剤は、やはり「アレグラ」です。医療用医薬品としても頻度の高い薬ですので、知名度も高く、特に鼻炎や花粉症でよく使われています。そのため数年前からOTC薬として販売されるようになりました。テレビコマーシャルでもよく紹介されていますので、よく御存じでしょう。
さて、抗アレルギー薬の副作用と言えば眠気です。薬剤師さんからでも必ず眠気の説明があります。車を運転する前にこの薬を服用してしまうと眠気で事故を起こす恐れがありますので、ひじょうに危険です。この薬の眠気で死亡事故が何十件もありましたので、注意しましょう。また薬が合わないことで蕁麻疹や嘔吐、下痢を発症することもあります。このような症状が発生したら、服用を中止して薬剤師さんにお伝えください。医療機関で貰っているときには、別の薬に変更されるときもあります。アレグラは効果てきめんですが、以上のような副作用がありますので、くれぐれも飲むときには注意しましょう。外箱にも副作用や飲み方が書いてありますので、服用前にもう一度確認してから飲むようにし、飲み方に不安があれば薬剤師さんにたずねてみてください。
薬は食べものとは違いますので、場合によっては命にかかわります。よく説明を聴いて飲むことは大切なことです。

アレルギー薬でEDになる?

抗アレルギー薬は現在広く利用されている医薬品となっていますが、しかしだからこそさまざまなことが言われるようになっています。
抗アレルギー薬を飲むとさらに症状が重くなる、体調が悪くなるというようなことはよく言われていますし、その中でも特に男性にとって重大なものになるのが「抗アレルギー薬を飲むとEDになる」というようなことです。
ではこれについては本当なのかと言うと、確率は定かではありませんがあり得ない話ではありません。
抗アレルギー薬の中でもヒスタミンというアレルギー物質が受容体と結びつくことを防ぐ効果がある抗ヒスタミン薬ではこうした副作用が報告されることがあります。
そもそもEDは抗アレルギー薬のみならずさまざまな医薬品で引き起こされる可能性がある症状であり、正常な身体でも発生することがあるのです。
ただ元々EDになりうるような問題を身体に有しておらず、抗アレルギー薬などの副作用としてEDの症状が出ているというのであれば医薬品の成分が分解されて身体から無くなればEDの症状も収まることが普通です。
また体調が悪い時に服用するとそうした副作用が強く出ると言うのであれば、体の抵抗力などが弱まっているために副作用が強く出ただけだと考えるのが妥当でしょう。
しかし抗アレルギー薬を飲むと必ずEDになるというような人であれば、元々身体がEDになり得る状態だということは否定できません。
そのためもししばしばEDの症状が見られるというようであれば、早い段階で身体の不調をチェックした方が良いでしょう。
疑わしいところでは高血圧がありますが、時折糖尿病や前立腺がんといったような病気のシグナルとしてEDが出ることもありますので、早めに医師に相談することをお勧めします。
■辛い季節にお別れを
ジルテックで花粉症に勝つ
■ロラタジンを含む抗アレルギー薬で症状は緩和します
ロラタジンはアレルギーの諸症状に有効